So-net無料ブログ作成

ARRLのアニュアルレポート(2018)

記事に取り上げるのは久しぶりですが、ここに載っています。

JARLとの比較に目が行くが、オペレーションは約70万ドル(約7600万円)の黒字。だが、保有する有価証券の評価損があったようで、トータルとして純資産は約74万ドルの減少。ちなみにARRLの純資産は約2000万ドルで21億円ぐらい。単年で見ると資産減だが、数年前は約1500万ドルぐらいだったようで、傾向としては資産増。

前にも書いたが、ARRLの収入は会費、出版収入、広告収入が三大柱。ここからは日本円で書くが、昨年は、それぞれが約7億、4億、2億円。実は寄付も多くて1億3千万円ぐらい。

ただ、ARRLは安泰かというとそうでもないらしく会員数は微減状態が続いている。これはAnnual reportのP.15の右上にでている。アマチュア無線局数(米国の場合、イコール免許人数)は増加なので、組織化率は低下しているということ。これについてのARRLの対応は"working with marketing agency Mintz + Hoke
to help formulate future strategy for increasing and maintaining membership."ということで外部の(マーケティングのリサーチもしくはコンサルティング会社?)に頼んで、会員増加の戦略を練っているというところか。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。