So-net無料ブログ作成

IC-7610のUSB出力を聴く [エンジニアリング]

昨秋、久しぶりにトランシーバーを購入。機種はICOMのIC-7610。背面にLAN端子があることにある種の感慨を覚えるが、取説には「DRM放送が聴けます」とあるので試してみた。AF出力と12KHzをキャリアとしたローIF出力のどちらかを選択できるとのこと。電波伝搬のコンディションがいまいちで、欧州のDRM放送をなかなか受信できない。そこで首都圏のAM放送局を受信してみる。受信に使用するPC側ソフトはSDR#。
1.まずはIC-7610のデフォルト設定であるAF出力。
SDR#の設定で受信ソースは「I/Q from Sound Card」とし、オーディオインプットとしてIC-7610のオーディオコーデックを選択。よって受信周波数は0KHzとなり、キャリアはない。聴くためにモードはAMでなく、RAWを選択することによって聴ける。出力信号は解析信号(I/Q)でなく普通のオーディ信号なので、スペクトルは負の周波数側でも観測される。AM放送の規格では変調信号の上限は7.5KHzだが、IC-7610のAM受信の帯域幅は最大10KHzなので,その半分の5KHzとなるようで、5KHzでカットされる。やや高音が不足気味。
ic7610_usb_af.jpg

2.次にIF出力。
取説には「受信信号をフィルタ通過前のIF信号に変換して出力」とあり、確かに12KHzをキャリアとするAM変調波が正負双方の周波数で観測できる。こちらはキャリアの上下8KHzぐらいまでスペクトルが延びている。SDR#で帯域を十分取ると良好な音質で聴ける、もちろん、IC-7610本体のオーディオ出力より良好。
ic7610_usb_if.jpg

AF出力は帯域5KHzしかないので、DRMを受信できるのかと思ったが、同様にUSB端子を有するIC-7300の取説を見るとDRM受信はIF出力でとのこと。
八重洲無線のFT-991もUSB端子を具備している。USBケーブルでの接続だけでFSKが運用できるようで、USB端子からオーディオ入出力が行えると書いてあるので、AF出力はあると思うが、IF出力は未確認。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。